帯屋町筋
土佐せれくとしょっぷ てんこす

土佐せれくとしょっぷ てんこす

  • 電話 088-855-5411

営業時間

  • てんこすショップ
  • 9:00~21:00
    年中無休

  • TENCOSU CAFE
  • 11:00~16:00
    (ランチ 11:00~14:00)

    当店ネットショップでは店舗でも
    共有在庫にて販売しておりますので、売り切れの際は、何卒ご了承
    くださいませ。

住所

    〒780-0841
    高知市帯屋町1-11-40
    (新京橋プラザ)
    ※大丸さんのすっと前です。
地図
HOME > えいもん取材紀行 > 生活学舎桃土

初めにお邪魔したのは、毎週水曜日に当店で店頭販売をされている「生活学者桃土」さん。てんこすから車で約30分ほどの高知市北部・土佐山にお店があります

 

小さなパン工房の扉をあけると、配達を終えた代表の車春恵さんがいらっしゃいました。ちょうど、文旦の皮を乾燥させたものを,はさみで切る作業をしているところでした。

 

 

取材中にこれを使ったパン「よさ恋カンパーニュ」をいただきました。

 

中のフルーツがやわらかい甘さのアクセントになって、コーヒーとよく合います。
その他にもフランスパンの上にピーナッツバターを塗った「アーモンドラスク」など、次々に作られるパンたちを見るだけでも楽しい・・。

 

さて、多彩なパンに加え、生活学舎を代表する商品はこちら

 

元祖ジンジャージャムと県内で初の完全自家栽培を行ったルバーブジャムです。しょうがは、土佐山産のものを使っています。ルバーブは、店から少し離れた桃土さんのハウスで栽培をされています。
この時期は、トマト、アスパラ、葉わさび、ルバーブ、ブラックベリーが栽培されていました。生活学舎のモットーである「有機農法で、農薬を使用せず、季節の野菜を土を耕して育てる」商品の源はここで作られていたのか~。

 

ハウスの大きさ・収穫量はそれほど多くはありません。しかし、「作り方も量も身の丈に合ったもので」と、無理のない持続的な生産をされています。無農薬・無添加の優しい味わいで、値段的にも自分が買って食べようかなと思えるのが桃土さんの商品です。

 

 

車夫妻はジンジャージャムなどの先駆けとなっただけでなく、県内で有名なマラソンランナーでもあるそうです。県内マラソン大会では、ご夫妻で数々の優勝経験を持つとのこと。ものづくりからマラソンまで、土佐のトップランナーです。春恵さんは、市民講座で健康管理やパンづくりの講義もされており、先を走るだけなく、健康をキーワードに市民を巻き込み、けん引してくれるランナーでもあるのでした!!毎週日曜日は、お2人で約15kmほどを走るそう。「あとこれぐらいではなくて、もうこれだけ走ったというのが肝心。楽しむ気持ちね」。マラソンの感覚が、ご夫妻の日々の生活にも表れているんだろうな・・。

 

生活学舎桃土のホームページはこちら(http://tosatoudo.com



   
  最新投稿順アクセス数順